« 真の「見える」化とは | トップページ | 顧客との信頼関係を築く »

2011年9月 5日 (月)

顧客との信頼関係を築く

ロジスティクスコンサルタント(物流コンサルタント)の大原章道です。

顧客と信頼関係を築くってことは、そもそもどういうことなのでしょうか?顧客と信頼を構築できているってことは、その企業の売上や利益を診ればすぐに分かります。なぜなら、お客さんにたくさん喜んで貰った企業は、その分、多くの収益があって当たりまえだからです。

サービスを顧客に提供することで、どれだけ顧客の付加価値を高めてあげることができるかを、顧客視点で考えることが大切だと思うんです。

提案する物流サービスという手段を、顧客に利用してもらうことで、顧客の価値を高める。収益が横ばいや下降している企業は「顧客視点で!」って叫びながら、「自社視点」になっていると思う。

提供する物流サービスは、顧客にとってコストでしょうか?それとも投資でしょうか?コストならトレードオフの関係にしかなりません。

経営成績の総合評価がROAであるように、「顧客視点に立つ」ためには、どのようなアウトプットを顧客に提供できるかを煎じつめることが必要と思っています。それは、自分の仕事の目的を知るってことに繋がります。

私のブログタイトルが、『荷主の物流コストダウンと物流業者の収益アップはトレードオフにあらず‼  成長企業へ革新するノウハウを公開‼』となっているのは、そういった意味からです。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へにほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

« 真の「見える」化とは | トップページ | 顧客との信頼関係を築く »

お仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536645/52651709

この記事へのトラックバック一覧です: 顧客との信頼関係を築く:

« 真の「見える」化とは | トップページ | 顧客との信頼関係を築く »