« 売上高対物流コスト比率が多いのは | トップページ | 物流は顧客に近い立ち位置ゆえ、組織に生きた情報を提供できる »

2011年6月 5日 (日)

日経BP社主催のセミナー

ロジスティクスコンサルタント(物流コンサルタント)の大原章道です。

先々週、日経BP社が主催するセミナーで講師を務めました。品川で開催され定員が120名でした。

震災の影響でSCMに多大な影響があったわけですが、東日本と西日本ではその影響度や捉え方に少し差があったと思います。

いずれにしても、ロジスティクスを専門にしている私は、今回の震災で感じたのは「モノ作りはサービスと一体でないと語れない」ということでした。

にほんブログ村 経営ブログへにほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

« 売上高対物流コスト比率が多いのは | トップページ | 物流は顧客に近い立ち位置ゆえ、組織に生きた情報を提供できる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536645/51859065

この記事へのトラックバック一覧です: 日経BP社主催のセミナー:

« 売上高対物流コスト比率が多いのは | トップページ | 物流は顧客に近い立ち位置ゆえ、組織に生きた情報を提供できる »