« ダイジングで物流の重点課題を把握する | トップページ | 日経BP社主催のセミナー »

2011年5月 9日 (月)

売上高対物流コスト比率が多いのは

ロジスティクスコンサルタント、物流コンサルタントの大原章道です。

物流コストを領域別に見ると、売上高に占める比率が多い順に

配送費 38.83%

荷役費 14.73%

製品保管費 13.57%

社内輸送費 11.65%

となっている。(JILS 2009年度売上高物流コスト比率より)

JILSのデータを見ると、顧客からオーダーを受けて以降のコスト合計と、受ける前までの製品保管までのコストの合計は、ほぼ半々だ。(若干受注後のコスト合計の方が多い)

だが、これは費用であってキャッシュフローでない点、コストの発生源はオーダー受ける前までの業務活動である点を踏まえると、課題や方策はモノの作り方や在庫の持ち方について考えなければならない。

物流コスト削減策(JILS 2009年データより)を見ると、コスト削減策の1位が在庫削減で、2位が拠点再編である。いずれもモノ作りや在庫の持ち方を示すものである。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へにほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村

« ダイジングで物流の重点課題を把握する | トップページ | 日経BP社主催のセミナー »

お仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536645/51408532

この記事へのトラックバック一覧です: 売上高対物流コスト比率が多いのは:

« ダイジングで物流の重点課題を把握する | トップページ | 日経BP社主催のセミナー »