« 出荷優先に問題が隠れている | トップページ | 在庫の実態を把握する »

2010年7月16日 (金)

生産上の問題点

ロジスティクスコンサルタント、物流コンサルタントの大原章道です。

前回、出荷を優先することが、生産上の問題点を隠してしまうことを指摘しました。この生産上の問題点とは「ムダ」の一言に尽きる訳ですから、企業が取組みべきは徹底したムダの排除による原価低減です。

顧客のニーズに対応した製品を、質・量・タイミングに対応して作り込みできる製造現場を構築することが目標です。

ムダ排除による原価低減のポイントは以下の通りです。

1.リードタイムの短縮化:受注から納品までの加工時間+停滞時間を削減

2.工数削減:付加価値を高めていない人の動作、運搬を排除

3.設備保有率の低減:設備は必要最小限

4.品質不良の排除:不良が発生したら5回のなぜを追求し、真因把握。職場の緊張感醸成に伴い、不良発生時は設備停止。

問題を後回しにするのか先手で取組むのか、5回のなぜで真因を追求するのかしないのかを、バリューチェーン上から俯瞰し対処することがムダとりです。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へにほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

« 出荷優先に問題が隠れている | トップページ | 在庫の実態を把握する »

お仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536645/48881125

この記事へのトラックバック一覧です: 生産上の問題点:

« 出荷優先に問題が隠れている | トップページ | 在庫の実態を把握する »