« 物流データを調査しました。その結果は・・・ | トップページ | 数字は協働を促す »

2010年5月 8日 (土)

仮説検証

ロジスティクスコンサルタント(中小企業診断士)のあきです。

物流データは現状を把握するために収集しますが、その現状が良い状態なのかどうか判断できなければなりません。そのためには、データを集める前に予め、自社のあるべき姿を決める必要があります。

つまり、ロジスティクス戦略は経営戦略を実現するためのもの、と言えます。

そもそも、ロジスティクスは組織を横串で刺して企業全体を俯瞰、全体最適を図る事ですから、経営戦略実現ツールと言うのも当然です。

このto be(あるべき姿)を明確化した後、物流データ収集に着手します。むやみにデータ収集に走ってしまうと、数字に埋もれてしまい非効率となります。そうならない為には、仮説を立ててから必要となるであろうデータを集めます。

また、データを分析してあるべき姿と現状のギャップを把握するに当たっては、他社の物流データをベンチマークすることが必要でしょう。

続≫

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へにほんブログ村 経営ブログへ←クリック願います にほんブログ村

« 物流データを調査しました。その結果は・・・ | トップページ | 数字は協働を促す »

お仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536645/48302095

この記事へのトラックバック一覧です: 仮説検証:

« 物流データを調査しました。その結果は・・・ | トップページ | 数字は協働を促す »