« 活動基準原価計算を採用するに当り | トップページ | イチロー選手の200本安打 »

2009年9月15日 (火)

予定している取扱量の減少

ロジスティクスコンサルタント(中小企業診断士)のあきです。

10月から開始する予定だった関東TC型物流センターのスタートが、なかなか切れません。

理由は、景気の減速に伴い、顧客が想定していた取扱量が低迷しているためです。

本来は今年の夏からサービスを提供する予定であり、そのために以下のような企画をしてきました。

・3在庫日数を基準とした保管コストのミニマム化

・現場での施工階への資材投入

・施工受託を含めた一括サービス

・完成品から現場納品までのリードタイム短縮化

これら企画を行った上で、拠点の選定をしてきました。

が、

数回にわたり延期になった経緯があり、さらに来年度に持ち越しになりそうです。

その為、拠点機能をお願いしていた関東の業者さんに断られてしまいました。

顧客都合とはいえ、協力して頂ける事業者さんに無理を言って時期を変更してきたため、申し訳ないと思います。

しかしせめてもの救いは、代替の拠点候補を持っていたことです。コスト、サービス、施工請負意志の有無、取引条件など、改めて比較検討していこうと思っています。

拠点稼働に向け、仕切り直しでがんばります。

« 活動基準原価計算を採用するに当り | トップページ | イチロー選手の200本安打 »

お仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536645/46216532

この記事へのトラックバック一覧です: 予定している取扱量の減少:

« 活動基準原価計算を採用するに当り | トップページ | イチロー選手の200本安打 »