« コンパクトシティー | トップページ | 物流管理の課題とは? »

2009年6月 3日 (水)

生きた現場と死んだ現場の違い

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ワンクリックお願いいたします。にほんブログ村

おはようございます。中小企業診断士のあきです。

昨日に続きブログ更新します。

本日は生きた現場と死んだ現場の違いを、感じるままに。

悪い情報は組織の上には上がりにくいといいます。

その原因は、私はリーダーシップのあり方とその程度だと思う。

トップは自らが歩み寄り、同じ目線で社員とコミニケーションができているかどうか。

競争は当然ながら外部とするわかだから、自社の成長には社員の能力を高めること。そのためには個性の磨き合いが必要。

その個性はその人のいいとこを伸ばすことで輝く。悪いとこに目が行きがちになるから気をつけないといけない。

そのためにはお互いが認め合うことが必要。トップは個性を磨き合う種を仕掛ける。

具体的には、

ラインの指示命令系統に依存しない。つまり、伝言ゲームをやめてフェイスツーフェイスのコミニケーションをする。一対一もよし、一対多もよし、機会を見つけ、機会を自ら作り考えを発信、思いを語ることを継続する。まさに泥臭く。経営は論理ばかりでは動かない。ブランデイングが情緒価値を必要とするのと同じ。

そもそもトップは、リーダーシップではなくコントロールシップを発揮していないか?

現状重視?あるべき姿を重視?

その場だけ?継続?

命令?理念?

見える時重視?見えない時重視?

生きた現場と死んだ現場。どっちにしたいか。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑ワンクリックお願いいたします。にほんブログ村

« コンパクトシティー | トップページ | 物流管理の課題とは? »

お仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536645/45219953

この記事へのトラックバック一覧です: 生きた現場と死んだ現場の違い:

« コンパクトシティー | トップページ | 物流管理の課題とは? »