« 生きた現場と死んだ現場の違い | トップページ | 日本のサービス業の生産性は欧米に比べて低い »

2009年6月 8日 (月)

物流管理の課題とは?

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑クリックお願いします。にほんブログ村

御訪問いただきありがとうございます。中小企業診断士のあきです。

物流管理と一言でいっても分かりにくいと思います。

物流の機能にはいろいろあるんでしょうが、例えばトラックや鉄道,船でものを運ぶ、倉庫で商品を保管する、ピッキングする、アソートする、梱包、値札やタグ付け、出荷情報加工・・・など。

いちばん身近な物流ってトラックでものを運ぶ物流でしょう。ドライブするとトラックに遭遇するのは必須です。

けれども運送会社の事務所側では乗務員の行動(車間距離や周りの車両への配慮など運転状況、顧客先での会話や笑顔,気遣い)は可視化できないため管理は難しい。

把握しずらいから管理しにくいから後回しになっていないか。

サービス業である乗務員の接客 =道路を一般の人と、お客様になるであろう方と共有する乗務員のプロドライバーとしての運転配慮、和みを提供する会話= を軽目に見ていないか?

クレームを言ってくださるお客様は極めて少数派。それでもクレームを把握し顧客のために改善しようとする店頭サービス業。

物流会社はどんなアクション?対策?

店舗には他の店員さんもいますし、店長さんもいる。

一方、ドライバーはサービスが形成される場面で一人で孤独。

それ故、ドライバーへの教育的配慮が必要であり、乗務員の人材育成を行うことで差別化できそう。

先進的なマテハンや多階層センター、IT機器に目線が行きやすいけれど、もっとも大きな物流コストを占める輸配送が後回しになっているように感じます。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
↑クリックお願いします。にほんブログ村

« 生きた現場と死んだ現場の違い | トップページ | 日本のサービス業の生産性は欧米に比べて低い »

お仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536645/45274045

この記事へのトラックバック一覧です: 物流管理の課題とは?:

« 生きた現場と死んだ現場の違い | トップページ | 日本のサービス業の生産性は欧米に比べて低い »