2014年4月22日 (火)

中小企業支援情報

経営コンサルティング、物流コンサルティングの株式会社キー・ロジ 大原章道ブログです。

創業補助金の案内です。

特定ものづくり基盤技術を活用した研究で、サポイン補助金を活用!

http://mail.mirasapo.jp/c/aKddadaIypytnyab

精密加工、立体造形などの特定ものづくり基盤技術を研究されている方は必見です。

今年度のサポイン事業(戦略的基盤技術高度支援事業)の募集が開始されました。

中小企業・小規模事業者が、大学・公設試等の研究機関と連携し、製品化につながる研究開発や試作品開発など販路開拓の取組を行う場合に、費用の一部が補助されます。

▼指定される特定ものづくり基盤技術が変わりました!

http://mail.mirasapo.jp/c/aKddadaIypytnyac

2014年3月17日 (月)

中小企業支援情報

経営コンサルティング、物流コンサルティングの株式会社キー・ロジ 大原章道ブログです。

創業補助金の案内です。

「創業促進事業」は、新たに創業(第二創業を含む)を行う者に対して、その創業等に要する経費の一部を助成する事業で、新たな需要や雇用の創出等を促し、我が国経済を活性化させることを目的としています。

活用ください。

http://www.smrj.go.jp/utility/offer/075939.html

2014年3月15日 (土)

中小企業支援情報

経営コンサルティング、物流コンサルティングの株式会社キー・ロジ 大原章道ブログです。

さて、新年度も引き続き補助金など中小企業支援が充実していますね。

早速、情報提供します。

□■平成25年度補正予算「取引環境改善型需要開拓支援事業(中小企業・

小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業)」の公募開始■□

「取引環境改善型需要開拓支援事業」の公募が開始されました。

本事業は取引先の事業所の閉鎖・縮小の影響により10%以上売上減少が

見込まれる中小企業・小規模事業者を対象とし、雇用維持を要件として、新たな

事業分野の市場調査や試作開発及び事業実施に必要な設備投資等を支援します。

■公募開始:平成26年3月14日(金)

■第1次締切り:平成26年4月7日(月)

       ※一次締切後も随時受付

■対象者:中小企業・小規模事業者

■補助上限額:1,000万円

■補助率:2/3

■要件:(1)閉鎖等の影響により10%以上売上減少が見込まれること。

    (2)補助事業終了時点まで、雇用維持が見込まれること。

■募集要項の詳細は下記URLをご覧ください。

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/torihiki/2014/140314torihiki.htm

2013年11月16日 (土)

経営支援情報 第16弾

π型の経営コンサルティング・物流コンサルティングの株式会社キー・ロジの大原章道ブログです。

ご訪問ありがとうございます。

平成25年度予算事業「下請小規模事業者等新分野需要開拓支援事業」の第2次公募を開始されますので、ご案内します。

親事業者の生産拠点が閉鎖・縮小された、または閉鎖・縮小が予定されている地域等の下請中小企業者等が新分野への進出等による取引先の多様化のための取組に対し、試作・開発、展示会出展等の費用を補助するものです

 ■公募開始:平成25年11月15日(金)

 ■第1回公募締切り:平成25年12月11日(水)

 ■対象者:下請事業者またはその共同体(任意グループ、事業協同組合)

■補助上限額:500万円

■補助率:2/3

【募集要項】詳細は、下記URLをご参照下さい

 http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/torihiki/2013/131115Shitauke.htm

2013年10月23日 (水)

経営支援情報 第15弾

π型の経営コンサルティング・物流コンサルティングの株式会社キー・ロジ 大原章道ブログです。

ご訪問ありがとうございます。

平成25年度ものづくり小規模事業者等人材育成事業の募集がありましたので、お知らせします。

本施策は、ものづくり中小企業の製造現場における人材育成の取組を支援するため、中小企業庁の指定する講習を受講する際の受講料、旅費、宿泊費の3分の2を補助するものです。(一人当たり最大50万円)

現在は平成25年12月から平成26年2月までに実施される講習の受講者を募集しています。締め切りは平成25年12月11日(12月分は11月11日締切)まで。

詳細は以下で確認ください。

http://www.sunvertex.co.jp/archives/3360

2013年10月12日 (土)

経営支援情報 第14弾

π型の経営コンサルティング・物流コンサルティングの

株式会社キー・ロジの大原章道ブログです。

ご訪問ありがとうございます。

さて、閣議決定された「消費税率及び地方消費税の引上げとそれに伴う対応について」において経済政策パッケージとして、「民間投資活性化等のための税制改正大綱」に基づく政策税制を実施することになりました。その中に、「中小企業投資促進税制の拡充・延長」がありますので紹介します。

●中小企業投資促進税制の拡充・延長

・中小企業の生産性向上に向けた設備投資(ソフトウエア組込型装置を含む)を即時償却や税額控除で支援。

・税額控除を利用可能な法人を拡大(従来:資本金3,000万円まで→改正:1億円まで)。

・資本金3000万円までの法人に対して税額控除割合を上乗せ(従来:7%→改正:10%)。

2013年10月 1日 (火)

経営支援情報 第13弾

π型の経営コンサルティング・物流コンサルティングの

株式会社キー・ロジの大原章道ブログです。

ご訪問ありがとうございます。

さて先般より、創業補助金の第3回募集が始まっています。創業補助金についてはこれまでに2回の募集を行われてきました。

第3回の募集については、創業者の事業計画に応じて柔軟かつ適時に対応するため3か月程度の長期の募集期間となりました。

また、中小企業庁は認定支援機関の支援内容を踏まえて、実現可能性があるものについて積極的に採択する方針です。

募集受付期間は、平成25年9月19日~12月24日です。

第3回公募についての詳細は、以下を参照ください。

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sogyo/2013/130919Chiiki.htm

2013年9月19日 (木)

経営支援情報 第12弾

π型の経営コンサルティング・物流コンサルティングの

株式会社キー・ロジの大原章道ブログです。

ご訪問ありがとうございます。

■□■「地域中小商業支援事業(中小企業活力向上事業)の第2次公募について■□■

  (公募期間:8/23(金)~10/25(金))

本事業は、商店街等が実施する、少子化・高齢化等の社会課題に対応した空き店舗活用事業や地域資源を活用した集客事業等、集客力向上及び売上増加の効果のある取組に要する経費の1/3~2/3を補助する、上限額2億円までの事業です。

詳細は下記URL及び別添のメールマガジンをご覧下さい。

http://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/shogyo/2013/130823katuryoku.htm

(中小企業庁HP

2013年8月 9日 (金)

経営支援 支援情報 第11弾

π型の経営コンサルティング・物流コンサルティングの

株式会社キー・ロジの大原章道ブログです。

ご訪問ありがとうございます。

平成24年度補正予算 地域力活用市場獲得等支援事業「新商品・新サービス開発支援事業」の第3次公募を、全国商工会連合会(以下「全国連」)において、以下のとおり開始することとなりましたのでご案内いたします。

第3次公募期間 平成25年8月9日(金)~9月6日(金)

2013年7月23日 (火)

経営支援 支援情報 第10弾

π型の経営コンサルティング・物流コンサルティングの

株式会社キー・ロジの大原章道ブログです。

ご訪問ありがとうございます。

平成25年度予算事業「小規模事業者活性化補助金」について、

岡山県、島根県、鳥取県における説明会の開催情報がありましたので、

お知らせ致します。

■□■「小規模事業者活性化補助金」説明会について■□■

(岡山県)

開催日:7月24日(水)

 場所:岡山ロイヤルホテル 光楽の間

   (所在地:岡山市北区絵図町2-4)

 時間:<受付開始:13:30 開催時間:14:0015:30

(島根県)

開催日:8月1日(木)

 場所:島根県民会館 307会議室

   (所在地:松江市殿町158)

 時間:<受付開始:9:30 開催時間:10:0011:30

(鳥取県)

開催日:8月2日(金)

 場所:鳥取県立図書館 大研修室

   (所在地:鳥取市尚徳町101)

 時間:<受付開始:13:15 開催時間:13:3014:30

説明会の詳細及び申込については、下記URLをご参照下さい。

http://www.shokibo-kassei.jp/briefing/

2013年7月 1日 (月)

経営支援 支援情報 第9弾

π型の経営コンサルティング・物流コンサルティングの

株式会社キー・ロジの大原章道ブログです。

ご訪問ありがとうございます。

さて、平成25年度小規模事業者活性化補助金の公募が開始されましたので、お知らせします。

 

事業概要:多様なニーズに着目した小規模事業者が行う、早期に市場取引を達成することが見込まれる新商品・新サービスの開発等に要する経費の一部を補助。

補助率等:補助対象経費の2/3以内

(上限200万円、下限100万円)

募集期間:平成25年6月28日(金)~平成25年8月16日

2013年6月26日 (水)

経営支援 支援情報 第8弾

π型の経営コンサルティング・物流コンサルティングの株式会社キー・ロジの大原章道ブログです。

ご訪問ありがとうございます。

中小企業庁は、サプライヤー中小企業(下請中小企業)の経営者が活用することを想定して、連携活動上のポイントを整理した、「サプライヤー中小企業の競争力を高める中小企業連携ナビ」をまとめました。

連携ナビでは、現在活動している連携グループにヒアリングを行った結果をもとに、サプライヤー中小企業(下請中小企業)の経営者の視点から、具体的な事例を多く盛り込んで連携グループの運営手法等について紹介しています。

詳細は、以下をご覧ください。

http://www.meti.go.jp/press/2013/06/20130614002/20130614002.html

  また、今国会で下請中小企業振興法が改正されたことを受け、下請中小企業振興法に基づき国の認定を受けた事業計画を実施する中小企業連携グループに対し、平成25年度より、「下請中小企業自立化基盤構築事業(補助上限2,000万円、補助率2/3)」の予算措置、日本政策金融公庫による低利融資制度、中小企業信用保険法の特例(普通保険、無担保保険、特別小口保険の限度額の別枠化等)や、資本金が3億円を超える下請事業者等を中小企業投資育成株式会社の投資対象に追加する等の支援措置が講じられます。(法律の施行は平成259月中旬予定)

中小企業の皆さん、この支援策を有効に活用くださいね。

2013年5月21日 (火)

支援情報 第7弾

π型の経営コンサルティング株式会社キー・ロジの大原章道ブログです。

ご訪問ありがとうございます。 

「地域需要創造型等起業・創業促進事業(創業補助金)」の2次募集について説明会の開催があります。

島根、広島の説明会は以下のURLから確認くださいね。

●島根県 しまね産業振興財団

http://www.joho-shimane.or.jp/docs/2013051700018/

●広島県 ひろしま産業振興機構

http://www.hiwave.or.jp/sogyo/index.html

2013年5月16日 (木)

経営支援 支援情報 第6弾

π型の経営コンサルティング株式会社キー・ロジの大原章道ブログです。

ご訪問ありがとうございます。

新商品や新サービスの開発に対する補助金制度が、公開されました。

本制度は以下の経費に対して補助金が支給されます。

①原材料、設計、デザイン、製造等に支払われる経費

②コンサルタントなど専門家に対する謝金、旅費

③機械装置など設備費

④製造委託費、外注費

・補助率  2/3(上限300万/1件)

なお事業分野については指定がありませんので、活用しやすそうですね。

2013年4月21日 (日)

経営支援 支援情報 第5弾

π型の経営コンサルティング株式会社キー・ロジの大原章道ブログです。

ご訪問ありがとうございます。

日本政策金融公庫が取り扱う事業継続計画(BCP)を策定している中小企業・小規模事業者を対象とする融資制度が拡充される予定です。

BCP融資は、中小企業・小規模事業者におけるBCPの普及促進を図るため、自ら策定したBCPに基づき防災に資する設備投資を行う際に、金利面でインセンティブを設けている(基準利率▲0.65%)制度ですが、今般、一定の地域貢献(連携)に関する用件を満たせば、金利面でさらなる優遇が設けられる予定となっております(基準利率▲0.9%、添付概要資料参照)

中小企業の皆さん、この支援策を有効に活用くださいね。

2013年4月17日 (水)

経営支援 支援情報 第4弾

π型の経営コンサルティング株式会社キー・ロジの大原章道ブログです。

ご訪問ありがとうございます。

平成25年度税制改正において、消費税率の二段階の引上げに備え、商業・サービス業等を営む中小企業者等の活性化に資する設備投資を促進し、これらの産業の活性化を図るため、中小企業者等が経営改善設備を取得した場合の特別償却又は税額の特別控除(商業・サービス業・農林水産業活性化税制)が創設されました。

●商業・サービス業・農林水産業活性化税制

本税制措置は、中小企業者等が、認定経営革新等支援機関等からアドバイスを受け、一定の器具及び備品又は建物附属設備を取得、製作又は建設して、指定事業の用に供した場合に、アドバイス機関からのアドバイスを受けた旨を明らかにする書類の写しを納税申告書に添付することで、30%の特別償却又は7%の税額控除が受けられるものです。

本支援策を有効にご活用ください。

2013年4月13日 (土)

経営支援 支援情報 第3弾

π型の経営コンサルティング株式会社キー・ロジの大原章道ブログです。

ご訪問ありがとうございます。

中小企業庁では、中小企業経営力強化支援法に基づく認定支援機関の取組を通じ、中小企業・小規模事業者が持つ潜在力・底力を引き出すことにより、経営力の強化が図られることを期待しています。

以下、経済産業省が実施する、中小企業の皆さんへの支援情報です。

中小企業経営力強化資金

■対象者:経営革新又は異分野の中小企業と連携した新事業分野の開拓等により市場の創出・開拓(新規開業を行う場合を含む。)を行おうとする者で、認定支援機関の指導及び助言を受けている者

■対象資金:設備資金及び運転資金

■貸付限度:(中小企業事業)7.2億円(運転資金2.5億円)

(国民生活事業)7,200万円(運転資金4,800万円)

■貸付利率:基準利率-0.4%(基準利率:410日現在(中小)1.50% (国民)1.85%)※貸付金額のうち1,500万円までは、無担保・無保証人であっても、上乗せ金利なしで貸付が受けられます。(国民生活事業)

■貸付期間:15年以内(設備資金)、7年以内(長期運転資金)

■認定支援機関の役割:事業計画の策定支援・事業計画の実行支援

<制度概要>

http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/2013/0227shikinguri4.pdf

中小企業の皆さん、この支援策を有効に活用くださいね。

2013年4月11日 (木)

経営支援 支援情報 第2弾

π型の経営コンサルティング株式会社キー・ロジの大原章道ブログです。

ご訪問ありがとうございます。

中小企業庁では、中小企業経営力強化支援法に基づく認定支援機関の取組を通じ、中小企業・小規模事業者が持つ潜在力・底力を引き出すことにより、経営力の強化が図られることを期待しています。

以下、経済産業省が実施する、中小企業の皆さんへの支援情報です。

●経営支援型セーフティネット貸付(経営環境変化対応資金)

・対象者:社会的な要因による一時的な業況悪化により資金繰りに著しい支障を来している者又は来すおそれのある者

・対象資金:設備資金及び運転資金

・貸付限度額:(中小企業事業)7.2億円、(国民生活事業)4,800万円

・貸付期間:設備資金15年以内、長期運転資金8年以内

・貸付金利:基準利率(410日現在(中小)1.50% (国民)1.85%)。ただし、運転資金のうち、以下の条件に該当する場合、金利引き下げを行います。

①厳しい業況にあり、認定支援機関等の経営支援を受ける場合、基準利率-▲0.4%

②雇用の維持・拡大を図る場合、基準利率-▲0.2%

①、②ともに該当する場合、基準利率-▲0.6%

・認定支援機関の役割:

事業計画の策定支援・事業計画の実行支援

以下の制度概要を参考にしてください。

http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/2013/0227shikinguri3.pdf

なお、詳細についてのお問い合わせは、弊社キー・ロジのホームページ 「お問合せ」ページからお願いします。

http://www.key-logi.com/9/

2013年4月 2日 (火)

創業などに対する経営支援

π型の経営コンサルティング 株式会社キー・ロジの大原章道ブログです。

ご訪問ありがとうございます。

経済産業省が実施する、中小企業の皆さんへの支援情報です。

●地域需要創造型等起業・創業促進補助金

概要は以下の通りです。

○起業・創業を促進し、地域の新たな需要の創造や雇用の創出を図り、我が国経済を活性化させることを目的とします。
○地域のニーズを的確に把握し独創的なサービスや商品等を新たに提供する事業計画を持つ女性や若者に対して、その創業事業費等の一部を補助します。
○本補助金を呼び水として、創業する個人が金融機関などから外部資金を調達できる環境を整えます。

補助金額は以下の通り。

・地域需要創造型起業・創業 補助上限額:200万円 補助率:2/3
・第二創業 補助上限額:500万円 補助率:2/3
・海外需要獲得型起業・創業 補助上限額:700万円 補助率:2/3

対象経費は、補助対象事業を実施するために必要な経費であって、適正かつ効率的に計上されているものです。

○創業及び第二創業に係る事業費(事業実施に必要な書類作成に係る経費、店舗等借入費、設備費、原材料費、人件費、知的財産等関連経費、旅費、 委託費)

○販路開拓に係る費用(マーケティング調査費、広報費、旅費、委託費)

○認定支援機関が実施する専門的な経営支援に対する謝金

創業をご検討の皆さん、ご活用ください!

なお、詳細についてのお問い合わせは、弊社キー・ロジのホームページ 「お問合せ」ページからお願いします。

  http://www.key-logi.com/9/

お待ちしてますね。

中小企業庁から「経営革新等支援機関」として認定

キー・ロジは、中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律第17条第1項に基づき、中小企業庁から「経営革新等支援機関」として認定を受けました。

それに伴い、今後は事業者の皆様向けに適時、支援情報を公開していきますのでこのブログを見に来てくださいね~

まずは第1弾です。

●ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金

きめ細かく顧客ニーズをとらえる創意工夫に取り組むために、中小企業経営力強化支援法の認定経営革新等支援機関(認定支援機関)等と連携しつつ、ものづくり中小企業・小規模事業者が実施する試作品の開発(テスト販売を含む)や設備投資等を支援します。

補助金額は、補助上限額:1,000万円 補助率:2/3 です。

要件としては、

ものづくり中小企業・小規模事業者であって、以下の要件を満たす必要があります。

(1)顧客ニーズにきめ細かく対応した競争力強化の形態として、①小口化・短納期化型、②ワンストップ化型、③サービス化型、④ニッチ分野特化型、⑤生産プロセス強化型の類型のいずれかに概ね合致する事業であること

(2)認定支援機関による確認の上、どのように他社と差別化し競争力を強化するかについての事業計画を提出すること

(3) 「中小ものづくり高度化法」22技術を活用した事業であること

事業者の皆様、ご活用くださいね。

2012年9月13日 (木)

テーススタディを取り入れたセミナー、好評につき商工会議所でも開催します

ロジスティクスコンサルタント(物流コンサルタント)の大原章道です。

ホームページを更新しました。

もともと弊社もしくは提携先が主催して開催していた研修を、商工会議所主催でも行うことになりました。

今回、津山商工会館で会計セミナー(全4回)を行います。

最終回はケースメソッドで多面的な考え方を体感して頂く内容となっています。

http://www.key-logi.com/

2012年7月28日 (土)

ホームページを一部変更しました

ロジスティクスコンサルタント(物流コンサルタント)の大原章道です。

ホームページを一部変更しました。トップページに「二類型」のコンサルティングを行っていることを明示。

生産、物流専門に特化していますが、それとともに、売れる仕組み作りによる営業強化・知的資産経営や戦略立案過程を通して組織活性化を、コンサルティングしています。

PR不足を反省!

http://www.key-logi.com/

2012年4月28日 (土)

図解で理解→ケーススタディで納得→自社に置き換えて体感

ロジスティクスコンサルタント(物流コンサルタント)の大原章道です。

ホームページを更新しました。
セミナー「社長と経営幹部のための知って役立つ『経営の数字』講座 全4回」を、隔週で開催しています。
図解で理解→ケーススタディで納得→自社に置き換えて体感、です。

http://www.key-logi.com

2012年4月10日 (火)

経済産業省 中小企業支援事業のキックオフ会議に参加

ロジスティクスコンサルタント(物流コンサルタント)の大原章道です。

昨日は、経済産業省の中小企業支援の取り組みである「中小企業支援ネットワーク強化事業」のキックオフ会議に出席しました。

経済産業省から委託を受けたサポートアドバイサーが、中国地区の5県から集まりました。

広島市内の元安川沿いの桜は、いまがちょうど見ごろでした。

午前中に企業さんと打ち合わせ後、元安川沿いを徒歩で経済産業局まで移動。気候も良かったので、すがすがしいそよ風を感じながら、午後のキックオフ会議に臨みました。

私は、経済産業省中国経済産業局から委託を受けて、サポートアドバイザーとして活動するわけですが、その活動拠点は、株式会社キー・ロジです。

株式会社キー・ロジは倉敷駅近郊にあるので、立地面では機動性が高いと思います。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

2012年3月27日 (火)

西友の物流システム再構築

ロジスティクスコンサルタント(物流コンサルタント)の大原章道です。

感じたこと~

西友が2002年にウォルマートの傘下に入ってからしばらくは、米国との商い習慣の相違から消費者の心を捕まえることができず、苦戦が続いていた。

しかし、いまやウォルマート流EDLPは日米合作により新しいステージに移行しつつあるようだ。

そんな中気になったのは、サプライチェーンを支援する物流システムだ。IT系のソフト分野はもちろんだが、物流センターを40拠点から23拠点に統合し、そのうちの15拠点は自家物流に切り替えた。

一般に、物流業務はアウトソーシングの対象機能になっており、小売業や製造業等においては、コスト低減を狙って外注化されてきた。

西友の場合、この自家物流化と拠点統合によって、物流コストを3年間で40%も削減したとのこと。

分母はどのような状況だったのか知り得ないため、40%削減をどう判断してよいのか分からないが、アウトソーシングによって環境変化への機動性に欠けたこと、サプライチェーンの効率化を支援する物流のノウハウが蓄積されないことに憂慮したこと、と思う。

~ビジョン岡山に弊社が掲載されました。

中小企業診断士特集です。

http://www.key-logi.com/?id=media

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

2012年3月14日 (水)

ネットスーパー

ロジスティクスコンサルタント(物流コンサルタント)の大原章道です。

今日の日経に、ネットスーパーを手掛けている鈴鹿市の「スーパーサンシ」の記事があった。16店舗を展開して売上高が450億円とのこと。私の知っている身近なスーパーは店舗数48店ほどで売上高が700億円だから、店舗当たりの売上高は高いようだ。

25年も前から、宅配事業を営んでいるということで先進的な事例と言えよう。消費者が発注してから納品までのリードタイムは短い。AM11時までに発注すると当日PM5時までに納品するとのことだから、競合する大手スーパーが手掛けているネットスーパーとの差異化している。リードタイム以外にも、品揃えも豊富だ。

黒字で運営しているのだから物流面でも工夫があると考えられる。例えば、配送においては、点でなく面で配送することで高密度の配送を実現する,配送地区をエリア分けして高回転な仕組みを作る,消費者が不在時には納品した商品を借り置きできるようなBOXの導入などであろう。

商品の在庫管理と受注処理については記事に書いてないので、調査してみることにしよう。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

2012年1月19日 (木)

ホームページ完成

ロジスティクスコンサルタント(物流コンサルタント)の大原章道です。

久しぶりのブログ更新です。数か月ぶりでしょうか・・

1年前から作らないといけないと思いつつ、そのままになっていたホームページ作成を、やっと完了することができました。

www.key-logi.com

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

2011年10月17日 (月)

顧客との信頼関係を築く

ロジスティクスコンサルタント(物流コンサルタント)の大原章道です。

物流会社の中には、顧客の製品や商品を預かり保管業務や在庫管理業務、ピッキングや仕分け、流通加工などの物流業務を担っている企業もたくさんあろうかと思います。

しかし業務内容は同じでも、顧客との料金の取り決め方は異なります。たとえば、保管業務では、1,000坪を使って業務を行うため料金を固定して保管料は○○円と取り決めている物流会社もあれば、1個あたりの保管料金を決めて物量を掛け合わせる取り決めをしている物流会社もあります。

出荷データは物流会社の手元にあるわけですから、そのデータを分析して、顧客の在庫ロスを低減する提案を顧客にするべきと思うのです。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へにほんブログ村 経営ブログへ

2011年9月30日 (金)

顧客との信頼関係を築く

ロジスティクスコンサルタント(物流コンサルタント)の大原章道です。

ひと頃、物流子会社を売却する企業が目立ちました。たとえば、資生堂。2006年に、日立物流に子会社の資生堂物流サービスをその物流ネットワークごと売却したことは、あまりにも有名。当時は大変な反響がありました。

また東日本大震災で影響を受けたタカノフーズ。「おかめ納豆」を作っている企業ですが、こちらも物流子会社のタカノ物流サービスを日立物流に売却しています。さらには日本IBMも2008年に物流子会社を安田倉庫に売却済み。

これらの企業は、子会社による物流コストを中心とした可視化と、企画や管理業務の高度化を手始めとして、外販による事業領域の拡大と自立化を進めてきましたが、その路線を変更し、選択と集中に舵を切りました。

荷主企業も、選択と集中による投下資本効率を追求しているわけですから、物流会社は当然に、その判断基準を踏襲するべきです。

にほんブログ村 経営ブログへにほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

2011年9月 5日 (月)

顧客との信頼関係を築く

ロジスティクスコンサルタント(物流コンサルタント)の大原章道です。

顧客と信頼関係を築くってことは、そもそもどういうことなのでしょうか?顧客と信頼を構築できているってことは、その企業の売上や利益を診ればすぐに分かります。なぜなら、お客さんにたくさん喜んで貰った企業は、その分、多くの収益があって当たりまえだからです。

サービスを顧客に提供することで、どれだけ顧客の付加価値を高めてあげることができるかを、顧客視点で考えることが大切だと思うんです。

提案する物流サービスという手段を、顧客に利用してもらうことで、顧客の価値を高める。収益が横ばいや下降している企業は「顧客視点で!」って叫びながら、「自社視点」になっていると思う。

提供する物流サービスは、顧客にとってコストでしょうか?それとも投資でしょうか?コストならトレードオフの関係にしかなりません。

経営成績の総合評価がROAであるように、「顧客視点に立つ」ためには、どのようなアウトプットを顧客に提供できるかを煎じつめることが必要と思っています。それは、自分の仕事の目的を知るってことに繋がります。

私のブログタイトルが、『荷主の物流コストダウンと物流業者の収益アップはトレードオフにあらず‼  成長企業へ革新するノウハウを公開‼』となっているのは、そういった意味からです。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へにほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

«真の「見える」化とは